スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

MH3、新武器1、カット武器4… 

モンスターハンター3(トライ)の情報が出始めた。
新武器はスラッシュアックスという武器らしい。

『モンスターハンター3(トライ)』の新武器が明らかに! - ファミ通.com

なんか、鈍器が長くなっただけに見えるのは気のせいでしょうか。
ハンマー、大剣から斧フォルムの装備を一部こっちに移植するのか?

それはいいとして…
双剣、ガンランス、狩猟笛、弓がカットされるらしいのだが…
どういうことなの。
スポンサーサイト
[ 2009/04/25 14:09 ] MH3 前情報 | TB(0) | CM(2)

MH3、やはりモンスターが「生きている」世界らしい 

TGS2008で、MH3体験ができて、大盛況らしい。
『モンハン3(トライ)』、開場直後の午前10時すぎには行列打ち切り - ファミ通.com

えーと。
待て。
今日は一般公開ではない、いわゆる業者日だぞ…
大丈夫か土日。

いろんなところに体験記があがっているので、追うのはいいとして。
すでにモンハン記者の中でトップクラスの有名人となってしまった、ファミ通.comの大塚角満氏が、体験記とともにこんなことを書いている。

【MH3】第2回!? 『モンハン3』の中で、モンスターたちは確かに生きている / 大塚角満の ゲームを“読む!”

> ともすればプレイヤーの行動とは関係なさそうな世界観の深まりだが、これこそが”ミスターモンハン”、藤岡要ディレクターが突き詰めたかったところなんだろうな、と素直に思う。なぜ素直になれるのかと言えば、実際にこの世界観の中に放り込まれたときに、モンスターたちが見せる本当に細かい一挙手一投足が”この世界で生きるために必要なこと”と手応えとして伝わってくるからだ。彼らは確実に、『モンスターハンター3』という”地球”の中で生きようとしている。そんな彼らと絡むことで、ハンターも「生きているんだ」と実感できる。『モンスターハンター3』の世界は、そういう場所なのである。ゲームがきちんと呼吸しているということを、東京ゲームショウの会場で『モンハン3』を遊んだ人にはきっと伝わるはずだ。

どうやら、この間のエントリーで書いたMH3の思想的な予想が間違っていなかったと共に、システムとしてもう一段階踏み込んだものになっているらしい。
これは楽しみでしょうがない。
大塚角満氏とは、一回でいいから一緒にプレイしたいと思う今日この頃。

しかしTGS2008・・・
一応行くけど、仕事でしか行かないから、見れるかどうか…

あと、微妙な報告をすんなw
[ 2008/10/10 15:01 ] MH3 前情報 | TB(0) | CM(2)

モンスターハンター3の情報がいよいよ出始めた 

しばらくの間、すっかりモンハンから離れた人生を送っている鈍器のようなものですが。
こればっかりは、語らざるをえない。

■モンスターハンター3公式ティザーサイト
カプコン「モンスターハンター3(トライ)」

■Web媒体情報
いよいよ『モンスターハンター3(トライ)』がその姿を現す! - ファミ通.com
巨大な海竜が登場! 『モンスターハンター3(トライ)』では狩りが大幅に進化
狩猟の舞台は“海”にもおよぶ? 「モンスターハンター 3(トライ)」最新画像を公開 - ITmedia +D Games


いやー、いよいよティザーサイトが出来て、情報が出てきましたな。
Wiiなんで買わないと言っていた俺ですが。
なんというかこう、ここまでのものをいきなり見せられると、買わざるをえないかもしれない。

まず、海竜とか、孤島とか、海中ステージとか、そんなものに目が行きがちだけど。

>これまでのシリーズタイトルでも“繁殖期のレイアに対して攻撃を加えるランポス”を確認することはできたが、モンスターハンター 3(トライ)では、“モンスター同士が縄張り争いを繰り広げる”“小型モンスターが群れを作って身を守る”など、モンスターたちが互いに影響をおよぼしあう様子が、さらに密度濃く描かれるという。

ここ。
ここが重要。

今までって、生活感は当然あったし、ボスモンスターの特定条件での動作とかで「生きている」という感覚があったんだけど、やっぱりそれぞれがそれぞれの動きをしているだけだった。
わかりやすく言うと、生態系も、動作も、すべて「プレイヤー中心」。
プレイヤーが近付けばプレイヤーに対する行動でモンスターの脳はいっぱいになる。
ゲームとしては正しい方向だし、「見つからないように行動する」みたいなモンハンがここまで売れるための要素の一つでもあったんだけど、「モンスターハンターというゲーム」ではなく「モンスターハンターという疑似世界」に入りこむためには100%の正解とは言い切れなかった。

今回は、モンスター同士が目的を持って動き、小型モンスターがそれぞれ自分の意思で、そして集団の意思で動く。
今までの街の生活感&狩りの爽快感とは違い、狩りの舞台でも生活感がより増すわけだ。
これは冒険としか言いようがない。
だって、ハンターが近くにいるのにモンスター同士が自由意思で争っている可能性があるわけで、その瞬間においてはプレイヤーをおいてけぼりにするわけだから。
でも、モンハン開発陣は、この方向性を選んだ。
今カプコンがわざわざ発表したからには、そこに絶対の自信があるということだろう。

こういう方向で、期待せざるをえない。

もちろんdosとかPとかではない正式なナンバリングタイトルということで、マップが一新されるだろうことも期待。
初回発表は「孤島」ということだけど、この「孤島」内に色々な要素が詰め込まれてるんだろうな。
防具の重さと海中の行動がどう関連するのかも知りたいし。
街と村の違いも知りたいし。
明かりをつけているプレイヤーも気になるし。
当然暗闇に登場するボスにも期待するし。
良く見たら大剣の持ち方が違うのも気になるし。
レイアっぽい奴の羽根のテクスチャが違うのも気になるし。
雑魚のピンクのがモンハンイラストレーションで見たやつで、他にもあそこから出るのがいるのかも気になるし。
新武器があるのかも気になるし。

というわけでWii以外で出してくれませんか…

あと、誰かTGSで試してきて、レポートしてください。
まぁ無理矢理行くかもしれないけど。
[ 2008/09/22 22:36 ] MH3 前情報 | TB(0) | CM(2)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。