スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やめて!床のライフはもう0よ! 

6月某日。
緊急領土拡張計画を実施した。

具体的に言うと、週末のMHP2Gリアル集会の参加者が増えたので、居間に接している台所に積んである本の詰まった段ボールの群れを、倉庫部屋に移植する作業だ。
ちなみに、うちの間取りは、5畳のDK、6畳の洋間、4畳半の和室なのだが、このうち実に50%以上が倉庫として使われている。
6畳間とDKの半分くらいが倉庫。
で、4畳半に野郎4人はつらいので、いろいろととっぱずして部屋を広く使おうかという計画なわけで。

段ボールの群れは、基本的にすべて本で埋まっている。
それをせっせと洋間に運んでいたわけだが。

洋間の床が、ミシッでもメリッでもなく、

バキッっていった。

…何この新しいタイプのSE。

見えるところに穴が開いたわけではないみたいだけど、非常に危険な音すぎる。

こわいので荷物を元に戻しながら考えてみた。
そもそもうちの本は何冊くらいあるのかと。

とりあえず適当に段ボールを開けて、一個の中に入っている冊数を数えてみる。

うん、120冊くらいか。

で、えーと、このくらい入った段ボールが…

…35箱ある。

これに加えて本棚に詰めたのもあるので…

5000冊以上が余裕であることになるな。
そらバキッていうわ。

うーむ。
やはり、どっか出張買取してくれるとこに売るか。
どれを売るかの整理だけで大変そうだけど。
スポンサーサイト
[ 2008/06/19 13:30 ] 鈍器 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nisedonki.blog17.fc2.com/tb.php/252-0293f41a





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。