スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

MH3、やはりモンスターが「生きている」世界らしい 

TGS2008で、MH3体験ができて、大盛況らしい。
『モンハン3(トライ)』、開場直後の午前10時すぎには行列打ち切り - ファミ通.com

えーと。
待て。
今日は一般公開ではない、いわゆる業者日だぞ…
大丈夫か土日。

いろんなところに体験記があがっているので、追うのはいいとして。
すでにモンハン記者の中でトップクラスの有名人となってしまった、ファミ通.comの大塚角満氏が、体験記とともにこんなことを書いている。

【MH3】第2回!? 『モンハン3』の中で、モンスターたちは確かに生きている / 大塚角満の ゲームを“読む!”

> ともすればプレイヤーの行動とは関係なさそうな世界観の深まりだが、これこそが”ミスターモンハン”、藤岡要ディレクターが突き詰めたかったところなんだろうな、と素直に思う。なぜ素直になれるのかと言えば、実際にこの世界観の中に放り込まれたときに、モンスターたちが見せる本当に細かい一挙手一投足が”この世界で生きるために必要なこと”と手応えとして伝わってくるからだ。彼らは確実に、『モンスターハンター3』という”地球”の中で生きようとしている。そんな彼らと絡むことで、ハンターも「生きているんだ」と実感できる。『モンスターハンター3』の世界は、そういう場所なのである。ゲームがきちんと呼吸しているということを、東京ゲームショウの会場で『モンハン3』を遊んだ人にはきっと伝わるはずだ。

どうやら、この間のエントリーで書いたMH3の思想的な予想が間違っていなかったと共に、システムとしてもう一段階踏み込んだものになっているらしい。
これは楽しみでしょうがない。
大塚角満氏とは、一回でいいから一緒にプレイしたいと思う今日この頃。

しかしTGS2008・・・
一応行くけど、仕事でしか行かないから、見れるかどうか…

あと、微妙な報告をすんなw
スポンサーサイト
[ 2008/10/10 15:01 ] MH3 前情報 | TB(0) | CM(2)

キングが……キングが……

ん?俺か??
[ 2008/10/14 10:43 ] [ 編集 ]

キングはどうでもいいw

うむ、貴様だ!

土曜も開幕して20分弱でその日の分が打ち止めだったらしいから、見るのは不可能だったみたいね。
[ 2008/10/14 14:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nisedonki.blog17.fc2.com/tb.php/280-47ad7e68





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。